聖書で読むシネマ(3)密かなブーム?続々と公開される“キリスト教映画”について考えてみる(1)

2016年12月14日12時28分 執筆者 : 青木保憲 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+映画「沈黙」日本公開日決定 スコセッシ監督、出演した窪塚洋介・浅野忠信と来日記者会見
「沈黙-サイレンス-」2017年1月21日(土)全国ロードショー 配給:KADOKAWA Photo Credit Kerry Brown
- 広告 -

2015年5月、ソニー・ピクチャーズ配給で3本の映画が日本で連続公開した。ご存じの方も多いだろうが、「復活」「天国からの奇跡」「祈りのちから」の3本である。

これらの前売り券が3枚つづりで3千円という破格の値段で販売されたり、キリスト教牧師たち向けに試写会を各地で開催したり!あの「スパイダーマン」を制作したソニー・ピクチャーズが、この手の宗教映画を積極的に宣伝したことは近年まれなことである。

従来はキリスト教書店でしか購入できなかったチケットも、インターネットで購入できたし、現在ではレンタルDVDでこれらの作品は普通に借りられる。

このようなキリスト教系映画が日本の一般劇場で公開されるようになったのは、恐らく2012年の「ソウル・サーファー」以降であろう。2014年の「サン・オブ・ゴッド」「神は死んだのか」「天国は、ほんとうにある」の3本が公開される頃から、キリスト教界が少しずつザワつき始めた。

この年は6月にダーレン・アロノフスキー監督の「ノア 約束の舟」が公開し、翌年1月には、リドリー・スコット監督の「エクソダス」が公開するなど、聖書ネタ、キリスト教ネタの映画が次第に一般劇場でも見られるようになったからである。メル・ギブソン監督の「パッション」以来、キリスト教界が映画に熱狂し始めたと捉えることもできる。

2017年はスコセッシの超大作「沈黙」が公開!

そして2017年、日本が誇る(?)キリスト教作家、遠藤周作の『沈黙』をアカデミー賞監督のマーティン・スコセッシが映画化するという報に触れたことで、これは単なる一過性のブームではなく、「もしかしたら『ベン・ハー』や『十戒』、『天地創造』などのスペクタクル宗教映画がハリウッドで量産されたあの時代の再来ではないか?」と歓喜の声を上げる者も生まれてきている(「沈黙」に関しては、後日おもしろい企画が進行中である。乞うご期待!)。

確かに日本でマイノリティーであるクリスチャンにとって、一般劇場でキリスト教系の映画を見ることができるのは誇らしいことだろう。日本では東映が「親分はイエス様」を配給したとき、私を含めた多くの友人が映画のチラシを友人たちに配り、「ぜひ見に行きましょう!」と道行く見知らぬ人にまで声をかけたものである(映画は1週間で終わってしまったが・・・)。

近年のキリスト教映画ブームを、映画好きを自他ともに認める私は、基本的に歓迎する。しかし「もう少し作品を選別し、狙いを定めなければならない」とも思うようになってきた。それは2016年に公開した3本を立て続けに見たときに強く感じたことである。

日本人キリスト者が、今後もやって来るであろうキリスト教系映画との「向き合い方」をしっかりと踏まえないと、せっかくの映画が全く反対の結果を生み出してしまうことにもなりかねない。

キリスト教系映画には「信仰追体験型」「未信者用伝道型」「キリスト教新解釈型」がある!?

近年のキリスト教系映画は、大きく次の3つに分類できると筆者は考えている(名称は筆者の勝手な命名です)。

①「キリスト教追体験型ムービー」
②「未信者用伝道ムービー」
③「キリスト教新解釈型ムービー」

以下に解説をしていきたい。

①「キリスト教追体験型ムービー」

聖書の物語を映像化したり、日ごろ教会で語られているキリスト教の教えをそのままアピールするような物語のこと。その目的の多くは、すでに信者となっている人々に対して、「あなたたちが聞き及んでいるこの教えは、絶対に正しいですよ」と訴え掛けることになる。端的に言うなら「教会で教えられていること、聖書で語られていることを映像で再確認し、そこから感動を得る」ための映画。

例えば「サン・オブ・ゴッド」はイエス・キリストの生涯を聖書に忠実に映像化しているし、「復活」もフィクション要素は多々あるものの、基本的にはキリストの復活を史実として安心できる着地点に落とし込んでいる。「マリア」や「パッション」もこの系譜にあると言えよう。古くは「十戒」や「ベン・ハー」にも通ずるスペクタクル映画とも相通ずるところがある。続きはこちら>>

次のページへ>>

青木保憲

青木保憲(あおき・やすのり)

1968年愛知県生まれ。愛知教育大学大学院を卒業後、小学校教員を経て牧師を志し、アンデレ宣教神学院へ進む。その後、京都大学教育学研究科卒(修士)、同志社大学大学院神学研究科卒(神学博士、2011年)、現在は大阪城東福音教会(ペンテコステ派)牧師。東日本大震災の復興を願って来日するナッシュビルのクライストチャーチ・クワイアと交流を深める。映画と教会での説教をこよなく愛する。聖書と「スターウォーズ」が座右の銘。一男二女の父。著書に『アメリカ福音派の歴史』(2012年、明石書店)。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング