まことの喜び(27)私にとって、毎日が死の連続です イ・ヨンフン

2016年12月12日06時26分 コラムニスト : 李永勲 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

私にとって、毎日が死の連続です

「いのちを救おうと思う者はそれを失い、わたしと福音とのためにいのちを失う者はそれを救うのです」(マルコ8:35)

ここで「いのちを失う」という表現は、命の限りを尽くす献身を意味します。自分の命を自ら救おうとして十字架の道を捨てるなら、永遠の命を失いますが、イエス様と福音のために自己愛とこの世の欲を否定する人生を送るときには、聖霊充満な人生を生きるようになり、永遠の命までも得るということです。この命は全世界よりも尊いもので、何かをもってして買うことはできません。

ローマ時代のキリスト者たちは、正体が発覚したら逮捕されて拷問を受けました。裁判官たちは彼らに、イエス様を否定して皇帝万歳を叫べば助けてやると勧めたりもしました。多くの人々が命を守るために妥協しました。彼らは、より大きな審判が後にあることを知らなかったからです。

他方で、数多くの聖徒たちは、イエス様について行くために命を放棄しました。彼らは殉教のいけにえとなってこの世を去りましたが、イエス様が彼らに永遠の命をもって報いられました。それから後、彼らの血を通してローマを占領し、キリスト教が国教となるようにされました。キリスト教を迫害していたローマが公式的にイエス・キリストを主と崇(あが)めるようになったのです。

このような歴史的事実は、「イエス様のために命を諦めた人々は結局勝利する」ということを示しています。弟子としての人生は、イエス・キリストと福音のために献身するという程度を超え、命までをも差し出せる決断を要求します。

フランスには「荒野博物館」という場所があります。この博物館は18世紀のフランスで行われたプロテスタントに対する酷(むご)い迫害を避けて、聖徒たちが野や山に集まって礼拝をささげていた歴史的現場と遺物を保存している場所で、当時の改革派教会を「荒野教会」と呼んだことに由来しているといいます。

1685年、当時のカトリック教会の支持を受けていたフランス政権は改革派教会を承認したナントの勅令(1598年)を撤回し、フランス内にあった全ての改革派教会を迫害しました。改革派教会の礼拝を禁止し、集会に参加する聖徒たちには、死刑または終身刑などの重い処分を下しました。

そんな酷い迫害の中でも、改革派の信仰を守るために戦った人々の抵抗は涙ぐましいものであり、感動的でした。改革派教会の牧会者たちは特別に製作された刑具の上で全ての骨が砕かれる残酷な拷問を受けてから、手足が切断され、最後は斬首刑に処せられました。

女性たちは脱出不可能な高い塔に閉じ込められて数十年を寒さと飢えの中で生き、男性たちは例外なく連行されてフランス王の戦艦の底で命尽きるまで手首と足首に鎖を付けられたままオールを漕がなければなりませんでした。数え切れない多くの聖徒たちが信仰を守るため、そのように奴隷船の中で死んでいきました。

荒野博物館にある多くの展示品の中で特に目を惹(ひ)く、ある展示品があります。奴隷船から出てきたものとされる小さな木の板です。そこには、骨と皮ばかりでオールを漕いでいる1人の姿が描かれているのですが、彼の手首と足首は鎖につながれています。そして、その絵とともに刻まれている文章に、ひどく心打たれます。

「主よ、私の手首の手枷をあなたとの婚姻指輪となし、私の足首の足枷をあなたとの愛の鎖となさしめたまえ」

彼らは信仰を守るためには殉教も辞さないような人生を送りました。なぜなら、彼らにとってイエス様は、この世に奪われることのできない喜びそのものだったからです。今の時代は、私たちに殉教を強いることはありません。しかし、私たちは福音の負債を負っている者として、殉教者的精神を持って弟子としての人生を歩んでいくのが当然だと言えます。

ダニエルの3人の友人、シャデラク、メシャク、アベデ・ネゴもそうでした。彼らは神様を否定して金の神像の前で拝むことができず、自ら進んで燃える火の炉の中に投げ込まれて殉教することを願い出ました。しかし、死のうとしたとき、かえって彼らは髪の毛1本燃えることなく助かりました。

このように、キリストの福音のために自らの命を差し出すなら、永遠の命を受けます(マルコ8:35)。神様が私たちを呼んでくださった目的は、弟子としてその方の御旨に従うようにすることです。福音のために生きることを決意するとき、神様は私たちのことを喜ばれます。

生きようとするから問題であって、死ぬというなら何が問題となり得るでしょうか。死ぬ気になればできないことなんて1つもありません。死んでこそ生き、失ってこそ得るのが福音の真理です。かえって銃で撃たれてすぐに死んでしまうのが簡単かもしれません。それよりも、毎日毎日を殉教の心で生きるのがもっと難しいのです。

毎日、自分の十字架を背負う人生、毎日、自分を鞭(むち)打ってキリストに服従させる人生こそ簡単ではありません。それで使徒パウロは、「私にとって、毎日が死の連続です」と誇ったのです。

「兄弟たち。私にとって、毎日が死の連続です。これは、私たちの主キリスト・イエスにあってあなたがたを誇る私の誇りにかけて、誓って言えることです」(Ⅰコリント15:31)

イエス様が完全な従順のいけにえとなられて神様の喜びとなったように、イエス様について行く者たちにも、このような信仰の秘密がなくてはなりません。弟子が持つべき信仰の秘密とは、イエス様が喜びとなり、イエス様を喜ばせることを人生の目的として告白できることを指します。

これが秘密な訳は、簡単には表に表れないからです。私たちが教会の中にいれば、みんながイエス様を信じているように見えます。その信仰が本物か偽物かを分別するのは難しいものがあります。

しかし、本物か否かは、私たちが苦難を受けたときに明らかになります。まことの弟子ならば、自分を否定し、自分の十字架を背負ってついて行く覚悟ができています。しかし、偽者の弟子は、目の前にある自分の益を放棄することができません。

喜びの源であるイエス様のために生きる人生とは、自分を否定し、自分の十字架を背負いながら生きるというものです。そのように十字架を背負うとき、復活の力が私たちの上に宿るようになります。これが神様という岩の上に建てる人生の家です。これはただイエス・キリストの中でのみ可能です。

(イ・ヨンフン著『まことの喜び』より)

<<前回へ     次回へ>>

【書籍紹介】
李永勲(イ・ヨンフン)著『まことの喜び』 2015年5月23日発行 定価1500円+税

李永勲(イ・ヨンフン)著『まことの喜び』

苦難の中でも喜べ 思い煩いはこの世に属することである

イエス様は十字架を背負っていくその瞬間も喜んでおられました。肉が裂ける苦しみと死を前にしても、淡々とそれを受け入れ、後悔されませんでした。私たちをあまりにも愛しておられたからです。喜びの霊性とは、そんなイエス様に従っていくことです。イエス様だけで喜び、イエス様だけで満足することを知る霊性です。神様はイエス様のことを指し、神の御旨に従う息子という意味を込めて「これは、わたしの愛する子」(マタイ3:17)と呼びました。すなわち、ただ主お一人だけで喜ぶ人生の姿勢こそが、神の民がこの世で勝利できる秘訣だということです。

(イ・ヨンフン著『まことの喜び』プロローグより)

お買い求めは、全国のキリスト教書店、アマゾンまたはイーグレープのホームページにて。

李永勲

李永勲(イ・ヨンフン)

4代続くキリスト教家庭に生まれ、幼い頃から主日学校に通いながらヨイド純福音教会と深い関わりを持ってきた。延世大学および韓世大学、連合神学大学院を卒業し、アメリカのウェストミンスター神学大学院修士課程を修了した後、アメリカのテンプル大学において宗教哲学修士(M.A.)と宗教哲学博士学位(Ph.D)を取得した。アメリカのワシントン純福音第一教会、日本のフルゴスペル東京教会、アメリカのLAナソン純福音教会の担任を務め、国際神学研究院院長、韓世大学教授、アメリカのベテスダ大学総長、ヨイド純福音教会教務担当副牧師などを歴任し、対外的には韓国キリスト教総連合会(CCK)共同会長と韓国キリスト教教会協議会(NCCK)会長などを歴任した。

現在、ヨイド純福音教会の2代目担任牧師として、韓国キリスト教総連合会(CCK)代表会長、キリスト教大韓アッセンブリーズ・オブ・ゴッド総会長、社団法人グッド・ピープル理事長などの活動を行っている。チョー・ヨンギ牧師の牧会と霊性を継承、発展させながら、ペンテコステ聖霊運動と御言葉充満の調和、仕えることと分かち合うことの実践、世界宣教および教会連合運動などに力を注いでいる。

主な著書としては『The Holy Spirit Movement in Korea』『霊的成長の道』『小さきイエスの霊性1・2』『感謝の奇蹟』『信仰の奇蹟』(以上、全て韓国語版)、韓英対訳『十字架の恵み』など多数。訳書としては『ペンサコーラ、奇蹟の現場‐ブラウンズビル教会』『世界ペンテコステ・ホーリネス運動の歴史』などがある。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング