トピックス 米大統領選  宗教改革500年  環境問題  マザー・テレサ  沖縄  戦後71年  日本聖公会京都事件  

日本カトリック司教協議会社会司教委『回勅ラウダート・シ』『今こそ原発の廃止を』出版記念シンポ開催へ

2016年11月29日12時01分 記者 : 行本尚史 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+日本カトリック司教協議会社会司教委『回勅ラウダート・シ』『今こそ原発の廃止を』出版記念シンポ開催へ
- 広告 -

日本カトリック司教協議会社会司教委員会は、12月14日(月)午後6時から8時まで、カトリック麹町聖イグナチオ教会ヨセフホール(東京都千代田区)で「『回勅ラウダート・シ』・『今こそ原発の廃止を』出版記念シンポジウム」を行う。

「昨年発布された教皇フランシスコの『回勅ラウダート・シ―ともに暮らす家を大切に』の翻訳出版、2011年の司教団メッセージの根拠や裏付けを示すために編纂された『今こそ原発の廃止を』の出版、そして福島原子力発電所事故から5年半後に原子力発電の撤廃を呼びかける新たな司教団メッセージの発表を記念して、このシンポジウムを企画しました」と、同委員会はこのシンポジウムのちらしの中で説明している。

「すべてはつながっているので、貧しい人、排除された人の叫びを聞くことなく、環境危機の解決はできません。すべての被造物に対する人間の責任を自覚するように、と『ラウダート・シ』は訴えています」と同委員会は続けるとともに、「教皇の呼びかけに耳を傾け、これに呼応するものとして日本における社会的かつ環境的な危機―原子力発電―の撤廃を訴える司教団メッセージを受けとめてください」と呼び掛けている。

シンポジウムの日程は次の通り。

日時:2016年12月14日(水)18:00-20:00 開場17:30
場所:カトリック麹町聖イグナチオ教会 ヨセフホール

登壇者:
高見三明(司教協議会会長・長崎大司教区大司教)
浜口末男(社会司教委員会委員長・大分司教区司教)
勝谷太治(正義と平和協議会担当司教・札幌司教区司教)
大塚喜直(前社会司教委員会委員長・京都司教区司教)

講話:
瀬本正之・光延一郎(イエズス会司祭)

司会:
松浦悟郎(難民移住移動者委員会委員長・名古屋司教区司教)

申し込みは不要、参加費無料。問い合わせはカトリック中央協議会社会福音化推進部(03・5632・4413)。

詳しい内容を書いたちらしはこちら()。

日本カトリック司教協議会社会司教委『回勅ラウダート・シ』『今こそ原発の廃止を』出版記念シンポ開催へ
回勅 ラウダート・シ―ともに暮らす家を大切に』(2016年8月、カトリック中央協議会)
日本カトリック司教協議会社会司教委『回勅ラウダート・シ』『今こそ原発の廃止を』出版記念シンポ開催へ
日本カトリック司教協議会『今こそ原発の廃止を』編纂委員会 編『今こそ原発の廃止を 日本のカトリック教会の問いかけ』(2016年10月4日、カトリック中央協議会)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング