「南スーダンはあなたの祈りを必要としている」アイルランドのキリスト教指導者が語る

2016年11月21日21時22分 記者 : 行本尚史 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+「南スーダンはあなたの祈りを必要としている」とアイルランドのキリスト教指導者が語る 
南スーダンの首都ジュバにいる国内避難民(2014年7月に撮影、写真:Jhr008)
- 広告 -

南スーダンは内戦と大量虐殺の危機にさらされていると国際連合が警告したのを受けて、キリスト教徒の活動家たちは、同国とその国民のための祈りを呼び掛けている。英国クリスチャントゥデイが16日に報じた。

昨年8月に達した和平合意はきちんと守られていない。アイルランド長老派教会の世界宣教評議会議長であるリズ・ヒューズ牧師は、「収穫がもう1年間中断され、同国の経済的な下降が続いており、インフレ率が今や700パーセントになっていることから、推計で430万人が食糧援助を必要としている」と語った。「南スーダンの平和のために祈るよう、また、そこに住んでいる人たち、とりわけ人道支援や食糧援助を必要としている人たちを覚えるよう、あらためて人々に促したい」

「南スーダンはあなたの祈りを必要としている」とアイルランドのキリスト教指導者が語る 
アイルランド長老派教会の世界宣教評議会議長であるリズ・ヒューズ牧師(写真:英国クリスチャントゥデイ)

アイルランドの教会は、南スーダン長老派教会を通じてこの地域のキリスト教徒たちと緊密なつながりがある。ヒューズ牧師は、「私たちが自らの祈りを通じて南スーダン長老派教会の働きを支えることも重要です。彼らは共同体同士の平和や良い関係を促し続けているのです。南スーダン教会協議会が果たしている和平交渉の鍵となる役割のためにも」と語った。また、「欠乏のうちにある人たちへの人道支援を提供するために日々活動している、協力団体であるクリスチャンエイドやティアファンドのためにも祈りを促したい」と述べた。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング