日芸生が企画「信じる人をみる宗教映画祭」渋谷のユーロスペースで キリスト教をテーマにした多彩な作品も

2016年12月7日23時03分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+日芸生が企画「信じる人をみる宗教映画祭」渋谷のユーロスペースで キリスト教をテーマにした多彩な作品も
- 広告 -

「信じる人をみる宗教映画祭」が12月10日から16日まで、東京・渋谷のユーロスペース(渋谷区円山町1‐5KINOHAUS3F)で開催される。日本大学芸術学部映画学科映像表現・理論コースのゼミ学生が主催・運営する映画祭だ。

1995年のオウム真理教事件以降、日本人の宗教観が大きく変わった。同ゼミの映画祭は今年で6回目だというが、今回テーマを「宗教を考える」としたのは、まさにその1995年生まれの学生たちが中心となり、宗教や信仰をテーマにした映画作品を通して、「なぜ信じるのかを理解したい」という問いと、「信じることは、いつの時代にも必要なことだ」という思いから企画されたという。

上映される映画は計15本。キリスト教をテーマにした作品だけでも、ソ連出身のアンドレイ・タルコフスキーの名作「ノスタルジア」、テオドラ・ドライヤーの名作「裁かるるジャンヌ」、イングマール・ベルイマンの「冬の光」など、映画史に名を刻んだ巨匠による名作のほか、フランスのシャルトルーズ修道院を撮影したドキュメンタリー映画「大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院」、テロが頻発する中東で生活する修道士たちを描いた「神々と男たち」、米国の大学教育における無神論と信仰を描いた「神は死んだのか」、米国の福音派教会を追ったドキュメンタリー「ジーザス・キャンプ~アメリカを動かすキリスト教原理主義」、さらに日本の故大島渚監督の「天草史郎時貞」などなど、キリスト教をテーマにした作品だけでも多彩なラインナップだ。

作品の詳細、タイムスケジュール、前売りチケットなどの詳細は、同映画祭のフェイスブックページ、またはホームページ

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング