キリスト新聞社、宗教改革をモチーフにしたアナログゲームを一般公募

2016年11月5日12時10分 記者 : 新庄れい麻 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+キリスト新聞社、宗教改革をモチーフにしたアナログゲームを一般公募
- 広告 -

2014年以来、「聖書コレクション」シリーズとして、「バイブルハンター」や「最後の晩餐~裏切り者は誰だ~」など、聖書を題材にしたボードゲームやカードゲーム計6作をリリースしてきたキリスト新聞社(東京都新宿区)は、10月30日の宗教改革記念日に、「宗教改革500周年ゲームコンテスト」を行うと発表した。

マルティン・ルターが95カ条の論題を、ヴィッテンベルクの城教会(ドイツ)の扉に提示した1517年10月31日が宗教改革の始まりとされ、それから500年目を迎える来年2017年は、キリスト教会における大きな節目となる。このことを記念して、「聖書コレクション」シリーズに新たに宗教改革をテーマにしたアナログゲームを加えようと、広く作品を一般に公募し、17年の発売を目指すという。

募集する作品は、宗教改革をモチーフにしたボードゲームかカードゲームで、宗教改革のみでなく、その周辺(例:教皇レオ10世による免罪符発行や騎士戦争、ドイツ農民戦争、シュマルカルデン戦争など)をモチーフにしても良い。プロ・アマチュア、個人・サークル・法人に関係なく応募することができるが、未発表のものに限る。商品化の際の販売価格の上限は5千円を想定しており、それを超える価格になるようなコンポーネントは選考上不利になるという。

応募は、▽プレイに必要なコンポーネント一式、▽ルールブック、▽応募用紙を、株式会社キリスト新聞社聖書コレクション「宗教改革500周年ゲームコンテスト」(〒162−0814 東京都新宿区新小川町9-1)まで。発送は、郵便や宅配便などの元払いで。また、ゲームマーケット2016秋(東京ビッグサイト)、2017神戸(神戸国際展示場)の聖書コレクションブースに持ち込むことも可能。締め切りは、17年3月13日(月)必着。結果発表は、17年5月14日(日)を予定しており、優秀作1点が商品化され、17年10月31日(火)の宗教改革500周年記念日に発売される予定だ。商品化された優秀作には、規定の印税が支払われる。

「宗教改革500周年ゲームコンテスト」の詳細・問い合わせは、「聖書コレクション」の公式サイトまで。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング