ルター研究所編著『「キリスト者の自由」を読む』

2016年11月5日17時49分 記者 : 行本尚史 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+ルター研究所編著『「キリスト者の自由」を読む』
ルター研究所編著『「キリスト者の自由」を読む』(2016年8月、リトン)
- 広告 -

本書は、ドイツの宗教改革者、マルティン・ルターが1520年に著した著書『キリスト者の自由』の手引き書。2017年にルターによる宗教改革から500年を迎えるのを記念して出版されたものだ。「『キリスト者の自由』はルターの本の中で恐らく一番よく読まれている名著」だという。

本書には、日本福音ルーテル教会の立山忠浩総会議長による「宗教改革五〇〇年を記念して」を筆頭に、『キリスト者の自由』本文の抄訳(徳善義和訳、9~22ページ)とその解説である「『キリスト者の自由』を読む人のために」(23~28ページ)、「主要テーマをめぐって」(29~112ページ)が続き、そして座談会「二一世紀に『キリスト者の自由』を読む」の記録、参考文献、あとがきが収められている。

「主要テーマをめぐって」では、『キリスト者の自由』における自由、律法と福音、信仰義認、全信徒祭司性、信仰と行為、愛の奉仕がそのテーマとして解説されている。

本書は、日本福音ルーテル教会が宗教改革500年記念事業の企画の1つとして掲げた推奨4冊の最後の書である。初めは、12年に出版された徳善義和著『マルティン・ルター』(岩波新書)で、次に14年から毎年1冊ずつ、マルティン・ルター著『エンキリディオン 小教理問答』(14年、リトン)、フィリップ・メランヒトン著『アウグスブルク信仰告白』(15年、同)、そして16年出版の本書がこれに続く。

本書によると、ルターの『キリスト者の自由』は2部構成で、前半が「自由」、後半が「奉仕」を取り上げている。「キリスト教的人間」の自由と奉仕に関する、一見相反するように見える2つの命題から始めて、ルターは30の項目にわたって丁寧に説いていく。

本書は、『キリスト者の自由』を単に解説するだけにとどまらない。『キリスト者の自由』を500年前のみならず、現代の私たちがどう読めるか、どんな問題が浮かび上がるのか、何が21世紀の私たちにとって大切なことなのかが、座談会形式で論じられているのが、その1つの特色である。

本書の狙いは、「キリスト者にとっての福音に与(あずか)る喜びと生き方を学ぶため」だと、立山議長は記している。宗教改革500年を前に、世界の歴史の中でルターの宗教改革を今あらためて考えようと、『キリスト者の自由』を読み直す人にとって、本書はそのための助けとなるだろう。

ルター研究所編著『「キリスト者の自由」を読む』(2016年8月、リトン)

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

書籍の最新記事 書籍の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング