トピックス 米大統領選  宗教改革500年  環境問題  マザー・テレサ  沖縄  戦後71年  日本聖公会京都事件  

まことの喜び(24)イエスについて行くには イ・ヨンフン

2016年10月17日18時07分 コラムニスト : 李永勲(イ・ヨンフン) 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

イエスについて行くには

「それから、イエスは群衆を弟子たちといっしょに呼び寄せて、彼らに言われた。『だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい』」(マルコ8:34)

聖書は、この世の全ての人々が何かについて行くと言っています。それはこの世の富、栄華、権勢、そして自分が成し遂げようとする欲望です。それらのために身もだえしながら生きていくのが、世の中の人々の人生だといえます。

では、ここで私たちも自らに質問してみなければなりません。今、私たちは何に向かって生きているか、どんな価値を追い求めているか、私たちの人生の基準は何か、救われた民として従うべき召命があるという事実を忘れたままで、世の中の人々と同じ道を歩んでいるのではないか、というようなことをです。

人生に対するこのような真摯(しんし)な熟考を通して、私たちは真理なるイエス様へとまた一歩近づくことができます。ナチの迫害の中で信仰の操を守ったドイツの神学者ディートリヒ・ボンヘッファー(Dietrich Bonhoeffer)は自らの著書『キリストに従う』の中で次のように話しています。

「キリスト者は自分の十字架を負い、イエスと隣人の苦しみを共に担うという高価な恵みを享受しなければならない」

「高価な恵み」と表現したのは、私たちの受けた救いが何も代価が支払われていないものではないからです。神様の独り子イエス・キリストの高貴なる血によって受けた救いであり、何ものとも比べられない高価な恵みです。

ですから、この尊い恵みを受けた私たちは、世の中の環境や人だけを見て、それについて行ってはなりません。当然のごとく、ただ、信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないで進むべきなのです(ヘブル12:2)。

世の中を眺めるときは、落胆と失敗と絶望だけがやって来ます。しかし、私たちが受けた恵みは、神様の御子の死という代価を支払って得たものです。この高価な恵みを受けたことを忘れたまま、世の中の富と栄華について行ってはなりません。

私たちの永遠なる救い主であり、牧者であり、先生であるイエス様について行かなければなりません。イエス様が歩まれたその道を思い、イエス様が歩まれたその道を、喜びをもって歩いていかなければなりません。

1978年11月18日、南米ガイアナの密林にて900人余りが毒薬を飲んで自殺する事件がありました。アメリカのインディアナ州で始まった宗教集団、人民寺院の教祖ジム・ジョーンズ(James Warren Jones)が自らに従う追従者たちと一緒に集団自殺儀式を行ったのです。

彼は間もなく起こるであろう核戦争を避けるために最後の生存地域を作らなくてはならないという名目で追従者を集め、南米ガイアナの密林へと旅立ちました。そして、そこで追従者はもちろん、子どもたちにまで毒薬を飲ませて死へと追いやりました。間違った指導者による惨事でした。

私たちがついて行くべきイエス様は、まことなる指導者です。さらに、イエス様のまことの弟子たる私たちは、師匠であるイエス様だけを見つめ、信じ、頼りながらついて行かなければなりません。

イエス様の教えを常に胸に刻み込み、その御言葉を守り行うために全力を尽くすときにこそ、初めてイエス様のまことの弟子となるのです。ですから、イエス様のまことの弟子として、私たちはイエス様が私たちを愛されたように、私たちもその愛を実践しながら小さきイエスの人生を生きなければなりません。

イエス様がご自分を十字架につけた人々を赦(ゆる)されたように、私たちも私たちを迫害する人々を、私たちに隠れて誹謗(ひぼう)中傷する人々を赦さなくてはなりません。本当のところ、赦しはこの世の原理ではありません。それだから、赦すのは難しいのです。しかし、まことの弟子は赦すことで世の中に向かって神様の恵みの年を宣言します。このように赦しを通して神様の聖さを表すことが、神様の喜ばれることです。

また、イエス様が柔和と謙遜の姿で生きていかれたように、私たちもこれからは高められたいと思う心を降ろさなければなりません。もてなしを受けるのが嫌いな人はいません。でも、イエス様はそうはされませんでした。主は最後の晩餐においても弟子たちの足を洗いながら、仕えることの見本を示されました。

ですから、私たちは今や、もてなしを受けていた姿から、もてなしをする姿をもって生きていかなければなりません。失われた人々を捜し出してイエス様の愛で仕えながら、救いを宣言する人生を生きなくてはなりません。これこそが、私たちを弟子として呼んでくださったイエス様の目的です。

「人の子は、失われた人を捜して救うために来たのです」(ルカ19:10)

まことの弟子とは、師匠の歩む道を、喜びをもってついて行く者です。イエス様に従いながら、イエス様に似ていく人生を歩むとき、神様の恵みが臨むようになります。

まことの救い主なるイエス様の道にまことの成功があり、まことの平安があります。これこそ、神様の子どもがこの世に生きながら受ける最高のプレゼントである永遠の喜びを楽しむ天国的人生です。このように毎瞬間、イエス様だけについて行けば、私たちはいつの間にか究極的には主が備えられた天国に入るようになります。

(イ・ヨンフン著『まことの喜び』より)

<<前回へ     次回へ>>

【書籍紹介】
李永勲(イ・ヨンフン)著『まことの喜び』 2015年5月23日発行 定価1500円+税

李永勲(イ・ヨンフン)著『まことの喜び』

苦難の中でも喜べ 思い煩いはこの世に属することである

イエス様は十字架を背負っていくその瞬間も喜んでおられました。肉が裂ける苦しみと死を前にしても、淡々とそれを受け入れ、後悔されませんでした。私たちをあまりにも愛しておられたからです。喜びの霊性とは、そんなイエス様に従っていくことです。イエス様だけで喜び、イエス様だけで満足することを知る霊性です。神様はイエス様のことを指し、神の御旨に従う息子という意味を込めて「これは、わたしの愛する子」(マタイ3:17)と呼びました。すなわち、ただ主お一人だけで喜ぶ人生の姿勢こそが、神の民がこの世で勝利できる秘訣だということです。

(イ・ヨンフン著『まことの喜び』プロローグより)

お買い求めは、全国のキリスト教書店、アマゾンまたはイーグレープのホームページにて。

李永勲(イ・ヨンフン)

李永勲(イ・ヨンフン)

4代続くキリスト教家庭に生まれ、幼い頃から主日学校に通いながらヨイド純福音教会と深い関わりを持ってきた。延世大学および韓世大学、連合神学大学院を卒業し、アメリカのウェストミンスター神学大学院修士課程を修了した後、アメリカのテンプル大学において宗教哲学修士(M.A.)と宗教哲学博士学位(Ph.D)を取得した。アメリカのワシントン純福音第一教会、日本のフルゴスペル東京教会、アメリカのLAナソン純福音教会の担任を務め、国際神学研究院院長、韓世大学教授、アメリカのベテスダ大学総長、ヨイド純福音教会教務担当副牧師などを歴任し、対外的には韓国キリスト教総連合会(CCK)共同会長と韓国キリスト教教会協議会(NCCK)会長などを歴任した。

現在、ヨイド純福音教会の2代目担任牧師として、韓国キリスト教総連合会(CCK)代表会長、キリスト教大韓アッセンブリーズ・オブ・ゴッド総会長、社団法人グッド・ピープル理事長などの活動を行っている。チョー・ヨンギ牧師の牧会と霊性を継承、発展させながら、ペンテコステ聖霊運動と御言葉充満の調和、仕えることと分かち合うことの実践、世界宣教および教会連合運動などに力を注いでいる。

主な著書としては『The Holy Spirit Movement in Korea』『霊的成長の道』『小さきイエスの霊性1・2』『感謝の奇蹟』『信仰の奇蹟』(以上、全て韓国語版)、韓英対訳『十字架の恵み』など多数。訳書としては『ペンサコーラ、奇蹟の現場‐ブラウンズビル教会』『世界ペンテコステ・ホーリネス運動の歴史』などがある。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング