トピックス 米大統領選  宗教改革500年  環境問題  マザー・テレサ  沖縄  戦後71年  日本聖公会京都事件  

ポーランドの中絶禁止法案、反対多数で否決

2016年10月12日10時50分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

【CJC】ポーランド議会下院は6日、与党「法と正義」(PiS)が成立を目指していた、人工妊娠中絶をほぼ全面的に禁止する法案を賛成58、反対352、棄権18で否決した。法案に反対する女性たちの抗議の声が、政治家を動かした形となった。

国民の90パーセント以上がカトリックのポーランドでは、欧州の中で最も厳しい中絶禁止法が1993年から施行されている。中絶が認められるのは、強姦(ごうかん)、近親相姦(そうかん)、母体に危険が及ぶ時、胎児に先天性異常がある時のみで、違反した場合、最高で禁錮2年の量刑が科される。

今回の改正中絶禁止法案は、中絶が母体に危険が及ぶ場合だけに限られ、量刑は最高で禁錮5年まで引き上げられるというものだった。この中絶規制の強化は、当初はカトリック教会の支持も受けていたが、司教たちから「中絶をした女性を投獄するのは支持できない」という声が上がっていた。

首都ワルシャワ、グダニスク、ウッジ、ブロツワフ、クラクフなど各都市でおよそ10万人が参加した大規模デモが起き、女性たちは黒い服に身を包み、「私たちには医者が必要だ。宣教者じゃない!」などと抗議の声を上げた。

※この記事はCJC通信の提供記事です。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング