トピックス 米大統領選  宗教改革500年  環境問題  マザー・テレサ  沖縄  戦後71年  日本聖公会京都事件  

百人一読―偉人と聖書の出会いから(11)ルー・ウォーレス 篠原元

2016年10月11日11時54分 コラムニスト : 篠原元 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+百人一読―偉人と聖書の出会いから(11)ルー・ウォーレス 篠原元
ルー・ウォーレス(1827~1905)
- 広告 -

ルー・ウォーレス

今日の偉人は、ルー・ウォーレス(1827~1905)です。

彼は、南北戦争の際には、北軍将軍として活躍し、後には政治家も務めました。その彼が、書き上げたのが、あの有名な『ベン・ハー』です。

ウォーレスが書き上げた『ベン・ハー』も劇的、波乱万丈、感動的な作品ですが、それよりもウォーレスの人生の方が、劇的で、波乱万丈で、ドラマチックだなと思います。

彼の人生については、ここでは長く書けませんが、キリスト教信者でなかったウォーレスは、友人がキリスト教を批判するのを聞き、自分のキリスト教についての無知を痛感して、キリスト教というものを徹底的に調べました。そこから生まれたものが『ベン・ハー』だったというのです。(『100人の聖書』28ページ参照)

あの『ベン・ハー』の誕生秘話が、これです。ウォーレスが、最初から書きたくて書いた作品ではなかったようですね。また、キリスト教信者だったが故に書けた作品でもないようです。

ウォーレスが、① キリスト教信者でなかった、② 友人のキリスト教批判を聞いた、③ キリスト教についてあまり知識がなかった、④ キリスト教を徹底的に調べた。この4つの条件が見事に重なって、誕生したのが『ベン・ハー』です。

神様というお方は、一つ一つの条件、またタイミングを上手く用いて、大きなものや偉作、不朽の名作をつくられる方です。

皆さんにとって、今日1日に起こる何かが、今日1日に体験するある一瞬が、神様が何かをつくられる条件、タイミングになるのかもしれませんね。そして、皆さんが想像もできない、すごい未来が、今日の一瞬の出来事、今日体験する何かのことから始まるのかもしれません。

今日は期待をもって、あなたの歴史を変える何かが起こるのを楽しみに、外に出ていきせんか?

<<前回へ     次回へ>>

【書籍紹介】
篠原元著『100人の聖書

『100人の聖書』

本書を推薦します!
「他の追随を許さない数と挿話」
――奥山実牧師(宣教師訓練センター[MTC]所長)
「牧師の説教などに引用できて便利」
――中野雄一郎牧師(マウント・オリーブ・ミニストリーズ)
「聖書に生きた偉人たちの画廊」
――峯野龍弘牧師(ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会)

ご注文は、全国の書店・キリスト教書店、Amazon、または、イーグレープのホームページにて。

篠原元

篠原元(しのはら・げん)

1991年7月、東京都生まれ。JTJ宣教神学校・牧師志願科卒業、アンテオケ国際宣教神学校卒業、同神学院中退。現在、炎リバイバル教会事務局局長、伝道師として篠原隆牧師に師事中。著書に『100人の聖書』(発行:イーグレープ)。

炎リバイバル教会ホームページ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング