トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

離婚信者に寛容姿勢を示す教皇、同性婚は認めず

2016年4月11日23時31分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

【CJC=東京】教皇フランシスコは8日、家族の在り方に関するカトリック教会の指針をまとめた文書を発表し、離婚や再婚をした信者に対する寛容な姿勢が必要だとの立場を示した。同性婚を容認しない従来の方針は維持した。

欧州メディアによる、として時事通信が報じるところでは、文書は、カトリックが認めていない離婚や再婚を経験した信者がキリスト教徒の一員だと感じられるようにすることが重要と指摘、個々の信者のケースを見て対応を判断するよう教会に求めたが、これまで禁じてきた離婚・再婚者への「聖体拝領」の儀式を行う是非には、明確には踏み込まなかった。

※この記事はCJC通信の提供記事です。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング