ゴスペルの魅力を聴いて、歌って堪能 米国で活躍する Bro.Taisuke がワークショップ(動画あり)

2015年5月19日20時00分 記者 : 竹村恭一 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+ゴスペルの魅力を聴いて、歌って堪能 米国で活躍する Bro.Taisuke がワークショップ
本場米国の黒人教会で音楽指導をする Bro. Taisuke さんの歌声はパワフルそのもの=16日、久遠キリスト教会(東京都杉並区)で
- 広告 -

本場米国の黒人教会で音楽指導をするゴスペルアーティスト、Bro.Taisuke(ブラザー・タイスケ)さんによるワークショップが16日、久遠キリスト教会(東京都杉並区)で行われた。会場には、ゴスペルファンやクワイヤ、一般の観客ら約130人が集まり、ゴスペルを聴いて、歌って、その魅力を堪能した。

新潟出身の Bro.Taisuke さんは20代の頃、米ニューヨークの黒人街ハーレムでゴスペルに出会って以来、日米で10年以上にわたってゴスペルの指揮者・ソロシンガーとして活躍している。2011年からは神学を学ぶために渡米し、現地の黒人教会で音楽責任者として奉仕。現在はルイジアナ州ニューオーリンズを拠点に、合唱団の指揮者、ソロシンガー、ボイストレーナー、プリ―チャ―(説教者)として多岐にわたる活動をし、地元の新聞やラジオでも紹介されたほどだ。

今回のワークショップは、「ゴスペルキャラバン」と銘打たれたツアーイベントの一環として行われ、Bro.Taisuke さんは、東京、新潟、名古屋、大阪など日本各地を約2週間にわたって巡り、この日が千秋楽となった。Bro.Taisuke さん本人が、本場米国でも認められたパワフルなゴスペルを歌うだけではなく、ワークショップでは参加者も一緒になってゴスペルを学び、イベントの最後には全員で歌った。

「ゴスペル」とは、もともとイエス・キリストがもたらした良い知らせ(福音)のこと。一般には「黒人教会の賛美歌」として認知され、米国では音楽の一ジャンルを築き、多くのスターが名を連ねている。その歌詞は、黒人として差別を受けてきた人々が、恨みの言葉ではなく、命があることへの喜びや感謝を、シンプルで真っ直ぐな言葉でつづったもの。困難があっても「神を信じて、与えられた試練を戦い抜く」という、力強いメッセージが込められている。スタイルも決して形式ばったものではなく、誰もが一緒に歌える「会衆賛美」がベースとなっている。

「僕は住んでいる場所柄なのか、恨み節はどうも性に合わない。都会でははやっているみたいですが、うちの近所(ニューオーリンズ)でははやってないようです」と、歌の合間に軽快な口調で語る Bro.Taisuke さんの話に、自然と集まった人たちが耳を傾ける。参加者の約半数がクリスチャンではなく、教会に足を踏み入れるのすら今回が初めてだというから、この「ゴスペル」というものに人知を超えた力を感じずにいられない。

この日、クワイヤとして加わった40代の男性は、「神様を知らない人を神様につなげる機会をつくるツールの一つがゴスペル。ただ黒人のまねをして楽しむだけの音楽じゃない」と語る。また同じくクワイヤとして参加した女性は、「私もクリスチャンの家庭で育った。日本人の壁にぶちあたって閉塞感を感じている人たちにも、『本当は自由にありのままに喜んで賛美していいんだよ』と伝えたい」と語った。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング