東京都:難民・移住労働者問題キリスト教連絡会、チャリティコンサートを5月開催

2015年1月22日23時38分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

難民・移住労働者問題キリスト教連絡会(難キ連)が主催する「2015年難キ連チャリティコンサート~すべての難民、移住労働者のために 祈りと音楽の午後~」が、5月23日(土)に東京都千代田区のお茶の水クリスチャン・センター(OCC)で行われる。入場無料。

難キ連は教派を超えて難民や外国人労働者の問題に取り組む任意団体NGO。キリスト教精神に基づき、在日難民、外国人労働者の支援を通して誰もが住みやすい多民族多文化共生社会を目指している。

コンサートの出演は元東京交響楽団首席チェリストのボーマン・ベアンテ氏、ピアニストのボーマン・ルリ子氏両夫妻。また、正午より、難民資料展、ミニバザールが行われる。

難キ連は、収容を解かれ、仮放免中の難民申請者、また被収容者に衣類・日用品などの支援を行っており、それら支援物品と献金を受け付けている。また、支援活動サポーター、特に入管被収容者面会支援ボランティアを募集している。詳細はこちら。問い合わせは、難キ連(電話:03・5579・2366、090・6012・8252)。

日時:2015年5月23日(土)午後2時~
会場:お茶の水クリスチャン・センター(住所:東京都千代田区神田駿河台2−1)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング