トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

米南部バプテスト連盟年会:新議長にフロイド氏選出、トランスジェンダーの倫理的妥当性には反対

2014年6月17日11時50分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+米南部バプテスト連盟年会:新議長にフロイド氏選出、トランスジェンダーの倫理的妥当性には反対
南部バプテスト連盟の年会で投票用の黄色い札を挙げる「メッセンジャー」と呼ばれる代議員たち(写真:SBC / Kent Harville)
- 広告 -

【CJC=東京】米国では最大のプロテスタント教派、南部バプテスト連盟(SBC、本部=テネシー州ナッシュビル)は標語に「祈りによる修復とリバイバル」を掲げ、メリーランド州ボルチモアで6月10、11日に年会を開催した。

年会は10日、フレッド・リューター議長の後任に、アーカンソー州にあるメガチャーチ「クロスチャーチ」の主任牧師ロニー・フロイド氏を選出した。任期2年。

リューター氏はニューオーリンズの黒人主体のフランクリン・アベニュー・バプテスト教会牧師。圧倒的に白人主体の同派では創立以来167年で最初の「黒人」議長だった。

議長選挙では、「メッセンジャー」と呼ばれる年会代議員5294人のうち3000人以上が投票したと見られる。フロイド氏は第1回投票で51.62%の票を獲得して当選した。2位がメリーランド州のデニス・マンプーン・キム氏40.70%、3位がケンタッキー州のジャレッド・ムーア氏5.91%だった。

フロイド新議長は記者会見で「イエス・キリストの教会にリバイバルが起きるのを見たい。多くの人が信仰に導かれ、イエス・キリストを救い主と信じる所で、アメリカは、力ある御心によって覚醒させられる」と語った。

年会は10日、トランスジェンダー(性同一性障がい者)の「倫理的妥当性確認」に反対することを決めた。「神の本来のデザインは、2つの別個で補完的な性を創造することだ。性別は、生物的な性によって決定するので、人の自己認識によってではない」とする提案は、トランスジェンダーに「キリストを信じ、福音における革新を経験するよう」勧めている。

※この記事はCJC通信の提供記事です。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

おすすめのイベント

人気記事ランキング