2014年8月21日10時32分 更新

トピックスインドのキリスト教ジャーナリストが告発 破壊されたキリスト教共同体と謎の本(1)

記事一覧

饒平名長秀牧師

沖縄の歴史と文化(2)琉球(ウチナー)と日本(ヤマト) 饒平名長秀牧師

さて、琉球の歴史を簡単に見てみよう。琉球という名前は中国からつけられたのだが、沖縄というのは自分たちで呼んだのでもあり、ヤマトの人たちが呼んだのでもあるが、民族的には遠い別れ、三世紀前後、中には紀元前の旧石器時代に遡ると言う人もいるが、三世紀前後が通説である。

2014年08月21日10時16分

「三浦綾子文学賞」に170作応募、一次選考進む ファンクラブ「氷点村」も会員募集間近

「三浦綾子文学賞」に170作応募、一次選考進む ファンクラブ「氷点村」も会員募集間近

クリスチャン小説家・三浦綾子の処女作にして代表作である『氷点』の50周年記念事業として、今年限りで創設された「三浦綾子文学賞」に、全国各地から170作の応募があった。現在、21人の第一次選考委員により第一次選考が進められている。

2014年08月21日9時22分

毎日新聞、社説で中国の教会取り壊しに言及

毎日新聞は20日、同日の社説「中国の宗教政策 信仰は国境を超える」で、中国政府による最近の教会取り壊しや、十字架撤去について言及した。最近の中国国内のキリスト教事情なども紹介し、中国の宗教政策の見直しを提案した。

2014年08月20日17時12分

教皇、韓国司牧訪問終え帰国 慰安婦とのつながりは胸元のバッジ

教皇フランシスコは韓国司牧訪問最終日の18日、ソウルの明洞聖堂で「朝鮮半島の平和と和解のためのミサ」を行った。教皇はミサの冒頭で2~3分間、最前列に座った旧日本軍の従軍慰安婦だった韓国人女性7人全員の手を握り、うち1人の話に耳を傾けた。

2014年08月20日17時08分

教皇、4万人の参加者に「アジアの若者たちよ、起き上がれ」 アジア・ユース・デー閉会ミサ

教皇フランシスコは17日午後、忠清南道瑞山市の海美(ヘミ)で、第6回アジア・ユース・デーの閉会ミサを行った。「起きよ、光を放て!」(イザヤ60・1)をテーマに、開催されたアジアのカトリック青少年の集いは、この日が最終日。

2014年08月20日17時07分

ローマ教皇、アジア宣教の本質的要素は「対話」

教皇フランシスコは17日、ソウルから約100キロ離れた忠清南道瑞山市の海美(ヘミ)聖地を訪れた。同地は18世紀から19世紀にはカトリック信者ら数千人の殉教の地になった。

2014年08月20日17時06分

ローマ教皇「奉献生活者にとって清貧は『壁』であり、『母』である」

教皇フランシスコは16日午後、首都ソウル南方の忠清北道陰城郡のコットンネを訪問した。「花の村」を意味するコットンネは1976年に創始されたカトリック共同体で、ホームレスの人々や障害者らへの支援をはじめ、幅広い社会福祉活動を行なっている。

2014年08月20日17時05分

教皇、パウロ・ユン・ジチュンと123人を列福 ミサには80万人が参加

教皇フランシスコは16日、司牧訪問中の韓国ソウルの光化門で、殉教者パウロ・ユン・ジチュン(尹持忠)と123人の列福ミサを行った。約80万人の信者らが会場前の大通りや周辺を埋め尽くした。

2014年08月20日17時03分

アジアの若者たちと教皇交流、朝鮮半島統一を共に祈る

教皇フランシスコは15日、大田(テジョン)の大神学校で若者たちと昼食を共にした。昼食会に参加したのは、アジア各国18人の青少年たち。教皇と食卓を囲み、若者たちの目から見たそれぞれの国の教会の印象などを語ったという。

2014年08月20日16時36分

教皇、「セウォル号」転覆事故遺族に慰めと祈り 「聖母の被昇天」のミサ

韓国訪問中の教皇フランシスコは15日午前、大田(テジョン)のワールドカップ競技場で韓国の信者たちとの最初の出会いとなるミサを司式した。競技場には5万人の信者が詰めかけた。

2014年08月20日16時35分

朴大統領「教皇の来韓を南北統一の契機に」

韓国の聯合ニュースは、朴槿恵大統領が14日、同日初めて韓国を訪問した教皇フランシスコとの会談後に行った演説について報道した。

2014年08月20日16時35分

教皇韓国訪問 演説で平和への努力呼び掛け

韓国を訪れた教皇フランシスコが14日、青瓦台(大統領府)で朴槿恵大統領や公職者らを前に演説し、平和への努力を呼びかけた。聯合ニュースなどが報じた。

2014年08月20日16時33分

教皇、フィローニ枢機卿をイラクに派遣 連帯のしるしに

教皇フランシスコは10日、日曜正午の祈りを信者と共に唱えた。この集いで教皇はイラクの現状に大きな苦しみを表明、イラク国民への自身の精神的一致のしるしに、福音宣教省長官フェルディナンド・フィローニ枢機卿を現地に派遣することを明らかにした。

2014年08月20日16時33分

教皇がイラクのキリスト者の状況を憂慮 再度連帯と祈りを呼び掛け

バチカン(ローマ教皇庁)広報事務所長フェデリコ・ロンバルディ神父は8月8日、教皇ブランシスコの名の下に声明を発表した。バチカン放送(日本語電子版)が報じた。

2014年08月20日16時33分

大阪府:使用済み切手運動50周年記念「みんなで生きられるか?」 谷川俊太郎が出演

大阪府:使用済み切手運動50周年記念「みんなで生きられるか?」 谷川俊太郎が出演

1960年から始まった日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)の使用済み切手運動が、今年50周年を迎えた。その記念イベントが、「みんなで生きられるか?」と題して9月20日に大阪市の大阪市中央公会堂で開催される。

2014年08月20日16時31分

主要ニュース

コラム

饒平名長秀牧師

沖縄の歴史と文化(2)琉球(ウチナー)と日本(ヤマト)

さて、琉球の歴史を簡単に見てみよう。琉球という名前は中国...
堀越暢治牧師

進化論のブレーキを解く試み

明治政府は、明治6年に諸外国の圧力でキリシタン禁令の高札が撤去されると、日本がキリスト...
菅野直基牧師

笑うとエンドルフィンが出て、モルヒネの6倍の鎮痛作用がある!

私の仕事は、毎日いろいろな人に会いますし、とても変化に...
沖縄における植民者としての日本人と私(1) 川越弘牧師

沖縄における植民者としての日本人と私(1)

沖縄と日本の関係について考えるとき、植民地と被植民地との関連で考えなければならない。
万代栄嗣牧師

神のいのちに連なる者

夏は、私たち日本人にとっては、原爆や終戦、お盆の習慣などもあり、命について考えることの...
もっと読む

人気記事ランキング